2018年2月23日金曜日

vol.1586 明日はアウトライダー2018年4月号の発売日

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 明日はツーリングマガジン・アウトライダー2018年4月号の発売日です。
 下の写真は目次で、88ページに僕の書いたツーリングレポート(「日本海を目指して 下道日帰りロングラン」)が載っていることから、書店へ立ち寄った際には、ご一読いただければ幸いです。
 

 以下は余談。
 閉鎖した以前のブログ「東海・旅の足跡」と今現在のブログ「東海・旅の足跡 2」の2つを合わせると、9年間の歳月が過ぎた(2009年1月~2018年2月)。
 その間、実にいろいろなことがあって、ブログに書かれていることは、実際に起こったことのほんの一握りに過ぎず、むしろ書かなかった(書けなかった)ことの方が圧倒的に多かったのだ。

2018年2月16日金曜日

vol.1585 犬山市 入鹿池のダムカード

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日から入鹿用水土地改良区事務所にて、新たにダムカードが配布されたことから、今日の午後は犬山市にある入鹿池へ行きました。
 下の写真は入鹿池のダムカードの配布場所である入鹿用水土地改良区の建物です。
 

 下の写真がゲットした入鹿池のダムカードです。
 

 ダムカードをはじめとする公共配布カードのトレード(交換)を希望しています。詳細は上海円空飯店のホームページをご参照ください。

 以下は余談。
 前々回の更新(vol.1583)に関連して、ひっそりと等身大の自分を始めました。

2018年2月15日木曜日

vol.1584 『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日は偶々、『漫画 君たちはどう生きるか』を読みました。
 本書の冒頭には、下の写真にあるように「僕が立派な人間になれるように」とのセリフが記されていました。
 

 以下は本書を読んだ僕の感想。
 立派な人間にならなくてもいい。そうした(無理な背伸びをする)必要はない。君たち(今の子どもたち)は元気に生きてさえいてくれたら、それだけでいい。もしも僕にも主人公のコペル君と同じ年頃の子どもがいたとしたら、叔父さんである僕の願いはただそれだけだ。
 個人的には164ページからはじまる「人間であるからには 貧乏ということについて(おじさんのノート)」が印象に残りました。

 以下は余談。
 前々回の更新(vol.1582)からの続きで、下の写真は今日の記憶で、折り返し地点を過ぎて、後半へ突入。
 

2018年2月13日火曜日

vol.1583 どこか別の場所を

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今、これを書いているのは午前4時前だ。いつものように窓から夜空を眺めるが、曇っているのか、月も星も見えない。
 いろいろと書きたいことがあって、実際書いたのだが、ブログの副題にも記していた「あってもなくてもいいような独白」は読者に大変不評だから、ばっさり切り捨てた。そうしたら、中身が何もなくなってしまった。
 本題とは別のこと(独白)を書くのであれば、やはり別の居場所を見つけるしかないのかもしれない。

2018年2月12日月曜日

vol.1582 半分、折り返し地点

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 前回の更新(vol.1581)からの続きで、世間は連休や冬期オリンピックなどで、大いに盛り上がっている(らしい)けれど、僕は一昨日(土曜)、昨日(日曜)、今日(振替休日の月曜)と、諸々の所用があり、その最中に折り返し地点へ到達しました。
 

 これまでに掛かった日数は42日間でした。すいぶん遅い(のんびりしている)と思うけれど、続けることが大事で、急ぐ必要もないことから、これからも自分のペースで行くしかありません。

2018年2月8日木曜日

vol.1581 今日の記憶と心の闇

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 どうにかこうにか、今日は以前(vol.1566)と同じような進み具合に戻りつつあり、下の写真がそれで、もうすぐ折り返し地点というところ(46/100)までやって来ました。
 

 以下は余談。
 一問一答形式で、いろいろと診断してくれる面白いサイトがあることを知り、軽い気持ちで、「心の闇具合」を診断したら、「あなたの心はあなたの髪と同じ色です」という結果が出た。
 一瞬、驚いて、声も出なかったけれど、少しずつ時間が経つにつれて、さもありなんと納得させられた。
 僕の心が僕の髪のように真っ黒だとしたら、純粋さを象徴するような白色(純白)とは、正反対ということで、だからこそ、僕はそうしたもの(純粋)をいつも強く求めているような気がするのだ。
 そもそも人間というものは、誰しも「ないものねだり」であろうから。

2018年2月7日水曜日

vol.1580 公共配布カードのトレード(交換)

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 少し前の更新(vol.1576)からの続きて、ブログをお読みいただいたそまそま様から公共配布カードをトレードしていただきました。
 下の写真がそれで、この場を借りて、お礼申し上げます。
 

 引き続き公共配布カードのトレード(交換)を希望しています。
 詳細は「上海円空飯店」の該当ページをご参照ください。

 以下は余談。
 今日は下の写真にあるように名古屋駅で所用を済ませた後、名鉄百貨店の本店7階で開催されている第5回記念全国逸品うまいものまつりへ足を運びました。