2018年1月21日日曜日

vol.1571 過去と未来をつなぐ唯一のそれは漠然とした悲しみ

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午前中は所用で日進市へ行き、途中、尾張旭市にある愛知県森林公園へ立ち寄りました。
 下の写真がそれで、公園内にある芝生の広場では、親子連れが楽しそうにボール遊びなどをする姿を目にしました。
 

 僕にもたしかそんなことがあったはずで、40年前くらいだろうか。幼少の頃の情景は過ぎ去ってしまえば、一瞬のことのようにしか、思い出せない。現在の僕はと言えば、子どもがいない。だから、僕の頭の中で描ける情景には、子どもからの視点はあっても、悲しいかな、父親としての視点がない。過去と現在は確かにつながっているけれど、それが未来へ続くとは限らないことを、またこうして実感して、心が打ちひしがれる(僕が甥っ子と姪っ子の世話を焼くのが好きな理由は上記にあると気が付いています)。
 誰の目にもありふれた平和な光景(休日の公園で親子連れが楽しくボール遊びをする)として見えるはずが、僕の目にはそうは映らない。僕と同じような気持ちになる人が他にも少なからずいるのだろう。そうした人がいたら、ぜひ会って、その人の話を聞いてみたい。何を夢見たり、どんなことを心の支えにして生きているのか。

 以下は余談。
 風邪の症状が続いており、頭の中が整理されておらず、ブログに付けるタイトルが最も長くなってしまった。僕の心の支えは自身の内なる力(自分を信じること)です。

2018年1月20日土曜日

vol.1570 可児市 荒川豊蔵資料館

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午後は可児市にある荒川豊蔵資料館へ久しぶりに足を運びました。
 

 荒川豊蔵資料館では、「豊蔵の世界 vol.8 赤 志野の緋色と赤絵」展が行われており、学芸員さんが作品の見どころを紹介するギャラリートークに参加して、豊蔵先生の作品を目にしました。
 荒川豊蔵資料館はお気に入りのスポットで、過去の更新(vol.372、vol.653、vol.981、vol.1237)がそれを物語っています。

 追記
 今日は言いたいこと(話すべきこと)の半分も言えなかった。反省と言うか、後悔。僕の書く力量は平均点以上だと思うけれど、上手に話すのはやはり得意じゃないな、と。

2018年1月19日金曜日

vol.1569 昨日の記憶

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 少し前の更新(vol.1566)からの続きで、下の写真は昨日の記憶。
 

 実を言うと、昨日は(今現在も)頭痛や鼻詰まり、のどの痛みと風邪気味で、幾度書けども全然頭に入らず、反対に忘れてしまいたいことは、忘れられずにいて、人の記憶とは何と不思議なのだろうと、いつも思います(もしかして僕だけかな)。

2018年1月17日水曜日

vol.1568 安藤芳彦さんの素敵な作詞

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 前々回の更新(vol.1566)の続きで、僕が大好きなミュージシャンの故村田和人さんの話題を取り上げて、作詞に関して触れました。
 村田和人さんの楽曲の作詞は田口俊さんと安藤芳彦さんのお二人。前回は田口俊さんを取り上げたことから、今度は安藤芳彦さんを。
 ちなみに田口俊さんの作詞では、飾り気のないストレートな思いが伝わって来る「少年サイダー」が一番好きです。
 安藤芳彦さんの作詞は何と言っても、書き出しが巧み。いずれの作詞も素敵だから、とっさにどれを引用すべきか迷うけれど、いくつかをここに。

 「僕が髪を切って だいぶ変わったと 君は言うけれど 違う」(Stay The Young)
 「いつもの街角で 約束してる 土曜の午後だから 恋が気分さ」(Weekend Love)
 「少し意地悪な その話し方 何も変わらない その笑い方」(Mc’sRoadで逢いましょう)
 「幸せな夏は いつの日も 駆け足で 通り過ぎる」(Glay Sky Blue)

 僕もこうして文章を書くけれど、安藤芳彦さんのような素敵な言葉は逆立ちしても書けそうにないことから、羨ましくて、憧れてしまう。それはきっと安藤芳彦さんが素敵な生き方をされているからでしょうね。
 僕が初めて村田和人さんの歌を聴くきっかけになったのも、安藤芳彦さんの作詞した「一本の音楽」でした。
 と、ここまで書いてきて、村田和人さんの笑顔が頭に浮かんできて、僕は不覚にも涙ぐんでしまい、話の続きを書けそうもありません。
 

 以下は余談。
 今朝は西の方角(神戸)へ向かって、黙とう。

2018年1月16日火曜日

vol.1567 一宮円空会と円空大賞展

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午後は一宮市へ行き、一宮市のマンホールカードをゲット。続けて、長谷川公茂先生が講師を務める一宮円空会へ顔を出しました。
 

 下の写真は岐阜県美術館で来月から行われる第9回円空大賞展の案内です。
 

 会期中の来月25日には長谷川公茂先生が出演されるトークイベントがあり、足を運ぶ予定です(初日に行われる授賞式・開場式に誘われたのですが、都合により、足を運べません)。
 

2018年1月14日日曜日

vol.1566 今日の記憶

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 僕が大好きなミュージシャンの故村田和人さんの一曲に「Slide On Your Season」があり、その中に「一年ごとに 時は早く過ぎてく」という歌詞がある(作詞は田口俊さん)。僕は今、それをひしひしと肌で感じていて、今年も半月が過ぎようとしているのかと思ったら、慄然とさせられた。
 下の写真は今日の記憶で、画面を拡大すると分かりますが、文字は紙の両面、つまり裏側にも書いてあります。
 

 タイトルについて、今日の「記憶」ではなくて、正しくは今日の「記録」ではないのか、というツッコミを入れられるかもしれない。こうしてブログに書き残したとしても、僕自身、今日一日は何をしていたのかを、きっと忘れてしまうだろう。だから、記憶で正しいのだ。

 以下は余談。
 大好きな村田和人さんについて、書きたいことが山のようにある(例えば、村田さんがライブで、「愛しているよー、みんな」と叫んだ声が今も僕の耳に残っている)のだけれど、客観視できない自分がいて、まだ当分の間は無理だな、と。今日もカーステレオ(カーオーディオ)で、村田さんのCDを聴いて、元気をもらいました。

2018年1月13日土曜日

vol.1565 この世界の中の卑小な存在

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 過日の更新(vol.1553)にある余談の続きで、僕が都会を好きなのは、そうした場所で自分が育ったからだと思っていたけれど、実際はそれだけじゃなかった。
 大都会には数多の他人がいて、高層ビルの谷間や地下鉄の階段などで、そうした見ず知らず人たちとすれ違うたびに、この世界はとても広くて、その中に僕がいるんだ、ということを気付かせてくれる。
 昨年末、久しぶりに東京で丸一日を過ごしたことをきっかけに、僕は本当にちっぽけな存在で、だからこそ、自分を大切にしなければならないと再認識した。

 以下は余談。
 最初に書いたときは、上記の倍の長さの文章だったけれど、貴重なアドバイスをいただいたことから、推敲して、切り捨てた。今朝は午前3時起床で、窓の外を見たら、雪は止んでいるが、家々の屋根などにうっすらと白く積もっていた。